グローバル企画設計/長野県長野市  │      
サービス付高齢者用住宅

 
マイホーム

























































■住宅設計のプロセス

私たちの仕事は、施主(クライアント)様の新しい暮らし、生活を、対話しながら共に思い描き、そこに住まう家族構成、生活スタイルだけでなく、敷地条件、工法、予算に合わせたこの世にひとつしかない家を設計することです。
具体的には、まずインタビューのような打ち合わせで施主様からの要望をお聞きし、ご一緒に敷地を確認した上で第1案を提出します。その後、第1案に対するヒアリングを行い、納得ができない部分をお聞きし修正作業に入ります。そして再び第2案を提出しヒアリングを行います。このように施主様が納得できる最終案にたどり着くまで提出とヒアリング、修正作業が何度か繰り返され、「これしかない」と思える着地点を一緒に探るのが「設計作業」なのです。
ある意味、施主様から発せられるイメージや言葉を「図面に翻訳」していく作業で、納得するプランにたどり着くまで手間や時間がかかることも時にはあるでしょう。
住宅を作るということは生涯に何回もなく、決して簡単なことではありません。しかし、施主様にとって新しい暮らしを想像し、形にしていく過程は、苦労がありながらも充実し、楽しい作業であってもらいたいと思っています。


■家のコア(中心)は何処か?

住宅を設計するということは、心地よい暮らしに「大切な空間となる部屋」の優先順位を決めることと考えています。例えば、敷地の一番気持ちのいいところにすべての部屋を置くことは出来ません。家族にとって一番居心地の良い場所である中心を何処に配置し、そこでは何をするのか…といったことからプランを検討していきます。
その後、中心と他の空間や部屋の関係性(仕切ったり、つなげたり)を考えながら計画を進めます。中心ではどのような過ごし方をするのかは住まい手である施主様のこれからの新しい暮らしによって変わってきますが、ご家族ひとりひとりの「居心地良さ」を生み出す空間を作りたいと思っています。


■デザイン重視とは?

よく「デザイン重視」という言葉を耳にします。例えば、デザイン重視で屋根の形を考えたり、小さな丸窓や四角窓を何個も付けたりしても、小手先のデザイン処理ではないでしょうか。この場合のデザインとは単なる「意匠」という意味で使われ、ある種のデコレーションとなっているような気がします。
しかし私たちが考える「デザイン」という言葉は、この意味のデザインとは異なります。
私たちの場合、デザインとは「使いやすい機能から生まれるカタチ」で、「工夫する」、もしくは「整理する」という意味から生まれる「用の美」だと思っています。設計とは総合的に判断し決断していく作業の連続です。決断をするには、その理由が必要で、理由のあるカタチがそこか生まれます。そして、何故このような設計になったのか、何故これが必要なのかすべて説明でき、無駄なものは一切なく、「用の美」しか存在しません。
人の心を豊かにする「贅沢」には、この「用の美」があることが大切だと思い、「無駄を無くし、贅沢をつくる」こと。同時にそれは建設の「コストをデザインする」ことにもなるのです。


■素材や設備の選び方

住宅はさまざまな材料の集まりで出来、いろいろな設備が使われています。床や壁、天井など最終的に人の目や手に触れる部分を「仕上げ材」と呼びますが、日進月歩でさまざまな新建材が生まれ、掃除やメンテナンスがしやすいという特徴があります。しかし出来れば自然素材を使いたい、また時には古材を使っては…と考えています。何故かというと、私たち人間の持っている直感的感覚が、近年、特に自然素材を求めていると感じるからです。
自然素材は傷が付きやすく、汚れやすいのですが、それは本物の材料だからこそ出る「味」といえ、住むことと共に「美しく時代が付く」住宅となります。一緒に年を重ねていく材料…なかなか良いと思いませんか?
住宅の設備も十分に検討したい項目です。環境負荷が少ない水光熱関連設備、また、バリアフリーなどの設備も日進月歩で進化しています。何十年先を見据え、メンテナンスやコストを考慮しながら最適なものを導入したいと考えています。


■外部空間も住宅です

段階では内部空間と外部空間を同時に考え、外部の光や風、景色、樹木を内部空間へ導くことも重要。何故なら住宅は内部空間だけでは成立しないからです。光の移ろいや、そよぐ風、その土地にある雄大な眺めは「借景」になり、内部空間を劇的に豊かにします。
このような観点から外部空間の計画として「庭づくり」があります。四季の変化を伝え、樹木が育っていく喜びやなど、庭は見ているだけでも心を満たしてくれるのです。敷地に制約があったとしても、小さな庭を検討し、一本の樹木だけとなっても緑を置く。
どうでしょうか。「外部空間も住宅」ということが分かっていただいたと思います。


 
マンション
アパート












































■賃貸マンション、アパート設計のポイント

アパートを設計する際には、単身者向けなのか、それともファミリー向けなのかによって各部屋の間取りなども変わってきます。また、外観や内装など、どの程度のグレードにするか、どのような付加価値をつけるかによって想定される賃料も異なってきますので、アパート、賃貸マンションを建設する前には、十分な市場調査をする必要があります。そして、どのような建物を建設すればいいかは、自分で考えるだけでなく、パートナーとなる不動産会社に相談するのも一つの手です。
土地を有効に活用しリスクの少ない資産運用をするには、上質なデザインマンション・デザイナーズマンションの設計が重要になります。魅力の少ないマンションは長期的に見てデメリット面が助長されていきます。
私たちの提案する開放的で上質なデザイナーズマンションの設計は、これまでの豊富な実績によって蓄積されたノウハウを活かし、分譲マンションの設計から小規模の建替えに伴う賃貸併用住宅の設計まで行っています。


【具体的な設計ポイント】
@差別化・個性化を図りながら、基本的商品力(居住性・快適性)を高める。
A維持管理費のあまりかからない構造・デザイン・仕様にする。
B決してオーナー様・設計者の自己満足で建てない。あくまで市場(入居者)本位でつくる。
C規格物のデザイナーズマンションや大手集合住宅メーカーの建物ではなく、飽きのこない上質で普遍的なデザインとする。
D施工は競争入札によって直接建設会社に発注し、コストダウンを図る。その為には設計監理と施工は切り離す。また、設計事務所を使い競争入札で建設会社を選ぶと建築工事費が下がる。


■賃貸住宅まめ知識

●マンションとアパートの違いは何?
アパートとマンションの違いは、構造の差にあります。一般的に、木造、プレハブなど準耐火構造の集合住宅を「アパート」と呼び、RC(鉄筋コンクリート造)あるいはSRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)など耐火構造の集合住宅を「マンション」と呼びます。構造の違いにより、「アパート」の場合は建築費を安価に抑えることができますが、遮音性や耐火性、耐震性がマンションに劣る特徴があります。

●変形敷地や狭小敷地でも賃貸住宅は建築可能か?
最近は、変形敷地や狭小敷地などのデメリットを逆に利用して賃貸住宅を立てる方が多くみられますので、お持ちの土地をどう活かすか、不動産会社に相談してみるといいでしょう。

●土地活用にはどのような方法があるのか?
土地活用を行う方法には、賃貸オーナー自身が資金調達から賃貸住宅の建設・管理までを行う「自己建設方式」と、不動産会社のノウハウを活かして賃貸住宅を建設する「事業受託方式」、所有者は土地を、不動産会社は建設費を出して建物を区分所有する「等価交換方式」などの方法があります。

●まったくの未経験が、賃貸経営を始められるか?
不動産会社では、入居者募集から建物の管理、修繕まで、賃貸オーナー様を全面的にサポートするシステムを持っていますので、これらのサービスを上手に利用すれば、未経験の方でも賃貸経営を始められるでしょう。



  ■お気軽にご相談を

   ・住宅メーカーの家ではなく「自分の夢がかなった家」を建てたい
   ・暮らし心地を重視した住宅が欲しい
   ・介護しやすい家を検討したい
   ・増改築を検討している
   ・その他、住宅に関するご相談


  ・マンションやアパートの運営を検討している
  ・住宅メーカーの集合住宅でなくデザイナーズ・マンションを建てたい
  ・高円賃(高齢者円滑入居賃貸住宅)を検討したい
  ・マンション・アパートの増改築を検討している
  ・その他、集合住宅に関するご相談

〒380-0916 長野県長野市稲葉中千田2189-4 アクセスマップ(Google Map)
TEL:026-226-1306  FAX:026-226-9801  E-mail:gl-bl-nt@art.email.ne.jp
   │  │